■■■ 2019年 12月 メモ ■■■






令和元年12月18日(水)
16:12

「シイタケのお菓子」

 これもコストコで。シイタケの変わったお菓子を食べました。全て初食感ですが、何だか美味しいです。名前もシイタケ・マッシュルームのパリっとしたお菓子です。


(分類): 食,







令和元年12月15日(日)
12:36

「フランス製のクレープ」

 コストコで購入したフランス製のチョコレート・クレープを食べました。やわらかい不思議な食感で、冷やしても、温めても美味しいです。流石、フランス。


(分類): 食,







令和元年12月10日(火)
17:18


「黄色のトンネル→黄色の絨毯」

 東大のイチョウがキレイに色づきます。イチョウの黄色は暖色?寒色?。今日のような曇り空の黄色は暖かみを感じます。より赤みが入りオレンジ色に近くなると、ほっこり度合も倍増します。太陽の光が通り抜けたクリアな黄色は寒色に近いのかもしれませんが、青空のイチョウも色鮮やかで寒色の寒々とした感じはしません。単に晴れていると暖かいのが理由かもしれませんが、自然の色はベタっとした単色だけで構成されている訳ではなく、様々な色や、風で動き反射して異なる色を見せたり、そもそも生命のもつ生きた温かみを感じることができるのかもしれません。そもそも、寒色、暖色は人工的に作られた色のスケールなので自然の色を比較するには適当ではないのでしょうか。でも、自然界の生物である人間が作り出したものも、俯瞰して考えると「自然のもの」とも考えられます。自然のものと言えども、人が手入れしないものは美しくは感じられないもの常であり、気分でも変わりますし、人の五感とは不思議なものであります。私のオススメは夜の外灯に照らされたイチョウ並木です。建物の重厚な雰囲気と白い外灯の光があわさって北欧のヘルシンキの街角を歩いているような気分になります。紅葉の具合は日照、日当たりの加減だと思いますが正門側から紅葉して、遅れて赤門側が紅葉します。これは毎年変わらずに同じです。


(分類): 生活,







令和元年12月9日(月)
16:05

「ロンロン」

 お客様から「ロンロン」のお菓子を頂きました。ありがとうございます。


(分類): 生活,


warning copyright 2019 MAKE YOUR PLACE CORPORATION  japan